日産と三菱のNMKV

日産と三菱のNMKV

最近では珍しい成功例と言われている、三菱自動車と日産自動車の軽自動車の企画・開発を行うNMKV。

 

ここで作られた軽自動車は販売ランキング上位に顔を出すなど、なかなかの好調ぶりです。

 

今のところ生産は三菱自動車の水島工場で行われていますが、日産が国内の製造販売台数確保のために、自社分は自社で作りたいと言いだして三菱自動車と微妙な雰囲気になっているようです。

 

日産としては国内生産台数100万台をキープしたいと思いつつも、この数字を達成しようと思ったら販売が好調な軽自動車を取り込まないと難しいと判断しての発言のようです。

 

もちろん、三菱自動車としては自社工場の稼働率が下がるわけですから、内心良い気持ちではないでしょう。

 

今のところ、NMKVで企画・開発していない、日産が独自に自社開発した車については日産で作る、という計画を考えて入るみたいですが、たしかにこれだったら三菱自動車から文句を言われる筋合いはありません。

 

ただし、日産自動車に単独で売れるような軽自動車を企画・開発する技術力があるのかというと疑問符がつく、というのが現状だという意見もあります。

 

そもそも、諸事情を考慮してわざわざNMKVという会社を作ったのに、自社で開発・製造・販売を行うとなるとNMKVを作ったメリットが薄れてしまうのでは?と思うのは素人考えでしょうか?

 

それとも、それよりも国内生産100万台のほうが至上命題ということでしょうか。