軽自動車の税金

軽自動車の税金

軽自動車の税金が大幅に増税されそうだと言われていますが、結局のところどうなるのかは未だはっきりとは見えていません。

 

雰囲気からすると、増税するのは間違い無さそうですが、あとはどのくらい増税になるかがポイントになりそうです。

 

今でも環境に優しい車は取得税や重量税が減税や免税となっている中で、その埋め合わせのために軽自動車税が増税されるように見えてもしょうがないのかなと思います。

 

ただ、毎年支払っている自動車税で見ると、軽自動車は現在は約7,000円のところ2倍になったら14,000円になりますが、普通車で最も安い自動車税は約30,000円ですから、2倍になっても普通車とはまだ2倍以上の差があります。

 

もちろん7,000円の差は大きいですが、だからといって自動車税が現行の2倍になったから軽自動車を買うのをやめて普通車を買う人ってどのくらいでるのでしょうか?

 

それに、軽自動車のコストメリットは自動車税だけではなく、オイルやタイヤといった維持費も大きいと思います。

 

見た目のとおり、軽自動車のタイヤは小さいのでその分価格も安いですし、オイルにしても使われているオイルの量が少ないので安くなります。

 

もちろん、やみくもに増税されては困りますが、たとえば所有者の収入に応じて税率を変えるとか方法はあると思います。とはいっても、徴収する側の負担が増えるようなことはやらないのでしょうね。

 

税金の公平負担というのは自動車税に限らず「これだ」という答えがないので、難しいです。