人気の軽自動車

人気の軽自動車

毎月、毎年にその時々の販売台数ランキングが発表されます。

 

普通車では長い間プリウスとアクアの不動のツートップを守っていましたが、ホンダが新型フィットを発売したことで、ようやく上位の顔ぶれも変わるようになりました。

 

それまでは軽自動車の場合も似たような状況で、ダイハツ「タント」、スズキ「ワゴンR」、日産「デイズ」、ホンダ「N-BOX」などが入れ替わりで順位を変えつつも大きな車種の入れ替わりはありません。

 

普通車に比べれば車種が少ないので、人気のある車が変わりにくい傾向にあるのかもしれませんが。

 

ランキングを見ると、ホンダのNシリーズ(N-WGN、N-BOX、N-ONE)の健闘が目立ちます。

 

Nシリーズはホンダが軽自動車で躍進する原動力になった車ですが、こうやって数字を見ると改めてその強さを感じますね。

 

最近の軽自動車はぱっと見の雰囲気が結構似たり寄ったりに感じますが、そんな中で異彩を放っているスズキ「ハスラー」。

 

さながらミニSUVといった感じで、車に詳しくない人でもすぐにわかりそうです。

 

こちらも販売開始から結構時間がたっていますが、10位前後と健闘しています。

 

メディアでは結構大きく取り上げられ、いろいろな試乗レビューも軒並み好評の新型コペンはようやく15位に顔を出しています。

 

月間販売台数は1位の約1万2千台に対して、約1千台にとどまっています。

 

とはいえ、あれだけ趣味性の強い車なので、15位でも十分ではないでしょうか。